不動産投資のメリット

不動産投資のメリットとはなんだろう



不動産投資の魅力を再確認しよう

一口に不動産投資といっても、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットを確認することで、不動産投資に悩まれている方は踏み出す1歩になるかもしれません。

使用していない不動産を人に貸すことによって家賃収入を得られるということは皆さんご存知でしょうが、今は不動産を所有していなくても、少額な資金で不動産投資を始めることができるのです。
それは銀行などの住宅ローンサービスを利用して不動産投資を始めることです。現在ではマイナス金利政策が行われており、従来に比べてお金が借りやすい状況となっています。当然審査などはありますし、ある程度の頭金を準備しなければなりませんが、少ない資金でも不動産を所有することができます。

また、不動産には生命保険の代わりにできるというメリットもあります。
ローンを組んで不動産投資を始めても、自分が死んでしまった後の家族のことを想うと不安がよぎる方もいるのではないでしょうか。例えば生活費などです。
不動産を購入するためにローンを組むときは、決められた生命保険に加入しなければなりません。万が一、ローンの返済中に死亡した場合はその生命保険から返済されるので、残された家族はローンの支払いをすることなくその後も家賃収入を受け取ることができるのです。

ソーラーパネルを設置しよう

不動産を管理している会社などの中には、不動産投資と平行してソーラーパネルを物件の屋根に設置している管理者も少なくありません。

ソーラーパネルを利用する太陽光発電は、広大な土地に大きな設備を設けなければなならない火力発電や原子力発電とは異なり、個人でも所有している物件の屋根などにソーラーパネルを設置することで、電力を生み出すことができます。所有している賃貸物件を、家賃収入を得るため以外にも活用することができるのです。

不動産投資をしている方が太陽光発電システムを利用することのメリットとして、余った電気を電力会社に売ることによって利益を得られるという点が挙げられます。
自家発電をすることで物件全体の電気代を抑えたり、それによって物件の価値を高めたりするだけでなく、不動産による収益と売電による二重の利益を獲得でき、うまく建物を活用することができるのではないでしょうか。

更に環境保全にも貢献できます。火力発電は火を用いることで発電することができますが、燃やすということは二酸化炭素を排出することに繋がります。太陽光で発電をすれば二酸化炭素の排出をすることもなく、デメリットの少ないクリーンな資源として注目を集めています。

不動産投資を考えている方へ

近年、不動産を購入し、その部屋や建物を提供して入居してもらい家賃収入を得る不動産投資を考えている方も多くなってきています。物件の規模が大きくなればなるほど入居者が増えるため、家賃収入を高めることができます。

不動産投資の他にも、株式投資や国債を購入して利回りを得る投資など、複数の投資商材があります。しかし、これらの投資に比べて不動産投資はリスクが低く、安定した収入を得ることに特化した投資と言われています。
株式投資を例に挙げてみます。株式投資は株式の変動によって利益を獲得する投資方法です。変動利益だけでなく、配当利回りや株主優待券など銘柄に応じて変動利益以外の収益を獲得できますが、一方でリスクは高く、変動によって多くの利益を減らす方や元金を減らす方も大勢いることでしょう。

一方不動産投資には入居者が滞納するリスクがあります。入居者が滞納すれば家賃収入が低下します。しかし、投資会社の中には滞納された家賃を保証してくれるサービスを提供するところもあるため、リスクを抑えることができます。
その他にも入居率低下のリスクが挙げられますが、賃貸物件の屋上にソーラーパネルを設置して、オール電化にする事によって物件の価値を高めるなどすれば、入居率の向上に繋がります。

今回は不動産投資についての説明だけでなく、不動産投資をした建物にソーラーパネルを設けることで得られるメリット、また不動産投資をすることで得られるメリットについて紹介します。

参考サイト⇒投資の窓口